メディアを使ってプロモーションを展開

34-05

たとえば、ある会社がここで100億円の売上を上げるという目標を掲げたとしましょう。様々なテレビや新聞、雑誌、インターネットなどメディアを使ってプロモーションを展開することが可能です。

それこそこの目標を達成する手段や方法は無限にあります。「戦略」と「戦術」の違いです。

様々な方法がプロモーションにも考えられます。この会社が仮に総合スーパーだとしたら、100億円の売上を衣料品で上げることもできますし、100億円の売上を食品で上げることもできます。

プロモーションで言えば、テレビ、新聞、雑誌、インターネット、商品で言えば衣料品や食品など具体的な手段や方法が「戦術」と呼ばれるもので、それら無限にある戦術から、自社環境に照らし合わせてマーケティング目標をこの上なく効率的に達成できる手段や方法を選択していくプロセスが「戦略」と呼ばれるものです。この「戦略」と「戦術」にはやはりどのような違いがあるのでしょうか?様々な定義がありますが、戦略とは「目標を達成するための方法を考えること」、戦術とは「具体的な目標を達成するための方法」とここではしましょう。

他にも目標を様々な商品の組み合わせで達成することもできるでしょう。一つマーケティング戦略の構築法を学ぶ前に知っておかなければいけないことがあります。

顧客獲得や管理がビジネスというのはとっても重要な要素となってきます。
ベンチャーネットで、だからこそマーケティングオートメーションやSFAなどの最新のシステム導入をご検討ください。

– お勧めの情報 –

ベンチャーネット
ベンチャーネットのコツ
URL:https://www.oracle.com/jp/corporate/pressrelease/jp20150716.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る