起業で成功するならベンチャーネットブログ:16年11月30日

34-01

おととい、久しぶりに箪笥の上に置いてある
父の写真を手に取った。

「ずいぶん埃をつけて、ごめんね…」と言いながら
オレは手でうっすらと付いた埃をはらった。
写真の親父は笑っている。

若いころのおいらは、
親父とは気が合わず、憎んだこともあった。
家にいるときは気難しい顔しかしていないような記憶しかない。 
でも、今は笑っているパパの顔ばかりが浮かんでくる。

「何もしてやれなかった…」と思った瞬間、
パパの顔が見えなくなった。 
埃を払った同じ手で今度は自分の涙を拭いていた。

私には母にもお兄ちゃんにも言っていない、
親父からの手紙がある。
家を離れて仕事のためカンボジアに行っていた1年の間に
パパが書き送ってくれたものだ。

その手紙を読みたくなった。 
無性にパパの字が見たくなった。 
箪笥の中のアルバムの間にそれらは挟んである。

写真屋の袋を開けると海外用の封筒に入った手紙が6通。 
その内のひとつを取って読み始めると、
みるみる涙があふれ、オレは字が見えなくなった。

いかにも神経質そうな細かい字で書かれたパパからの手紙は
どれも取るに足りない内容ばかり…

ママのこと、孫のこと、
兄貴のこと、お兄さんの奥さんのこと…
そして、みんな元気なこと。
そして必ず「肉体に気をつけるように」と結んである。

嫌いな父からの手紙など捨ててしまえばよかったのに、
捨てられなかった。
今では、捨てずによかったと思っている。

僕にとってパパとは
「好き」とか「嫌い」とか、そんな単純な存在ではなく、
ただただ「大切な人」だったのだと気づいたのは、
パパが亡くなってからのことだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る